塗装の主な費用

外壁塗装はどの様な業者さんを選べばいいでしょう

一戸建ても築13、14年も経過してくれば屋根、外壁とも風雪や熱に曝され傷んできますのでその辺りが外壁塗装のタイミングでしょう。 特に屋根は瓦などの素材が住宅によって違いますが一番傷む箇所である事は間違いありません。 リフォームや外壁塗装は価格が安ければ良いとい物でもありません。 塗装の量を薄める事は完成後目でわかる物ではありません。 強要して価格を下げて貰い結果的に塗装効果が短くなるのでは意味がありません。 外壁塗装の業者選びにも見積もりで「下見にどれだけ時間をかけるか」は重要になります。また建築時の見取り図で建物の壁面積が算出され塗装全面積から使用塗装缶の使用塗量を割り出し塗装料が決まります。またフッ素加工かシリコンの材料費でも違ってきます。外壁塗装はできれば自社施工業者さんが中間マージンが入らず比較的施主さんの要望も取り入れて来ています。

平均的にどの位の費用でできる物なのでしょう

外壁塗装工事は建物の事前下見で塗装に当たり傷んでいる箇所の修復や補修が入ったりします。特にベランダやバルコニーは雨で痛みやすく軒天が雨で角が腐食しているケースもあります。費用の水準は14mで張替え費用で30、40万円くらいです。 また塗装には仮設工事と言って塗装する為の足場を組みネットを張る作業があります。 ネット張りは建物を全て覆ってしまいます。 塗装その物は外壁、屋根を高圧洗浄してから塗装しますので洗浄料金や下地処理で費用は別途になります。 2、3社から見積もりは取ると良いでしょう。 場合によっては30、40万円くらいの差は出てきます。 材料の塗装材はメーカは同じでしょうから工賃や中間マージンや見積もりを下見をどのくらい時間をかけたかによります。 平均的な金額は軒下、軒天外壁に傷みや修復が無いとして坪単価7、8万円と言ったところが外壁塗装の相場です。

Menu